老眼予防対策で若々しい瞳をキープ!【インターネットで情報収集】

若さを保つ健康法

メガネ

毎日の習慣が大切です

老眼とは、加齢にともなって近くの細かい字が読みづらくなる症状です。誰にでも起こる老化現象ですが、日常生活の見直しで老化を予防したり、症状の進行を遅らせたりすることができます。まず、食生活です。老眼は目の水晶体の弾力が弱まって起こる症状です。緑黄色野菜に含まれるルテインは抗酸化作用を多く含んでおり、水晶体を保護して老眼を予防します。また、豚肉や牛肉などに含まれるビタミンB1は、視力低下を予防するのに効果的です。ほかにも目にいい栄養素はさまざまですので、いろいろな食材を組み合わせてバランスのとれた食事を心がけましょう。次に、目に入る紫外線の量を減らすことです。紫外線を浴びることで目の中に活性酸素が大量に発生し、これが水晶体の弾力を失わせる原因になります。外出時には、UVカット加工の帽子をかぶる、サングラスをかけるなど、目に紫外線が当たらないように注意しましょう。最後は、目を鍛える運動をすることです。水晶体の周りには、毛様体筋という筋肉があります。この毛様体筋は収縮することにより、遠くのものを見たり、近くのものを見たりするときに調整する働きがあります。年をとると、この毛様体筋が衰えて収縮する力が低下します。そのため、近くのものにピントが合わなくなるのです。運動方法はとても簡単です。上下左右に眼球を動かして、ぐるっと1周。これを3回行います。次に、目をぎゅっと閉じて開き、軽く瞬きを繰り返します。1日に数回、パソコンを使う人なら、1時間に1回はこの運動をするといいでしょう。これから老眼を予防したい方、もうすでに老眼になっている方でも、毎日の習慣が老眼予防、症状の進行をゆっくりにすることにつながります。

Copyright© 2018 老眼予防対策で若々しい瞳をキープ!【インターネットで情報収集】 All Rights Reserved.