老眼予防対策で若々しい瞳をキープ!【インターネットで情報収集】

目の老化です

目

小さな字が見えにくいです

人によって老眼になる年齢は、違いますがたいていの人は見え方は違いますが40代くらいから新聞やスマホの字が見えにくくなります。若い頃は、小さな字でもピントが合っているので見えにくくなることは少ないですが40代になると加齢とともに目の様体筋の筋力と水晶体の調整する力が低下してしまいます。低下すると水晶体の厚さを変えることが難しくなり、視力のピントが合いづらくなって近くの物が見づらくなってしまいます。症状としては、遠くは見えるのに近くの手元が見えにくくなります。新聞やスマホなど30センチ以上離さないと見えないまた見えたとしても目を細めないと見えにくいなどは、老眼の症状となります。老眼の予防としては、目を疲れさせないことがまず大事になります。現代社会は、パソコンやスマホなど小さな字を長時間見ていることが多いです。長時間、液晶で小さな字を見ていると目を酷使して疲れやすくなります。予防としてはなるべく画面を見る時間を短くするか仕事でどうしても見なくてはいけない場合は、少し休んで遠くを見るかまたは目薬をさすなどの予防が大事です。また、早めに自分の目に合った老眼鏡を使用することも目の負担を軽くします。老眼鏡をすると余計に老眼が進むのではと思われがちですが、見えにくい目で無理して見ると余計に目に負担がかかります。早めに、弱めのレンズから慣らしていくと目を酷使しないで物を見ることができます。また、予防としてはコンタクトレンズも遠近両用がありますので、コンタクトにする方法もあります

Copyright© 2018 老眼予防対策で若々しい瞳をキープ!【インターネットで情報収集】 All Rights Reserved.