老眼予防対策で若々しい瞳をキープ!【インターネットで情報収集】

生活の質を高める方法

中年女性

見えづらさを改善する

年齢を重ねると、人間の体には様々な変化が訪れます。そのうちの一つが、物が見えにくくなるという目に関するトラブルです。一般に老眼と呼ばれるこうした症状は、加齢に伴って目がピントを合わせるメカニズムに不調をきたすのが原因です。いくつかの対策法もあるので、症状を遅らせるためにも試してみましょう。人間は物を見るとき、目の内部にある毛様体筋と呼ばれる筋肉を使ってピントを合わせています。しかし加齢によって毛様体筋の収縮する力が落ちてしまうと、うまく調節できずに物が見えにくくなってしまいます。老眼を予防するには、この毛様体筋の衰えを防ぐのが効果的です。毛様体筋は筋肉であるため、私たちの体にある他の筋肉と同様に、運動によって鍛えることでその機能を維持できます。そこで老眼の予防としておすすめしたいのが、遠くを見た後に近くを見るという一連の動作を繰り返す訓練です。距離が異なる物に焦点を合わせる動作は、毛様体筋を適度に動かし鍛錬につながります。具体的には、手のひらを広げて腕を目の前に伸ばし、遠くの景色を見つめた後に手のひらを見つめるという動作を繰り返すことです。数秒ごとに焦点を合わせ直すことで、毛様体筋が効果的に鍛えられます。このトレーニング法はお金がかからず、いつどこでも手軽にできるというメリットがあります。疲れ目に効果のある食材を摂取するのも、おすすめの老眼予防法です。ブルーベリーなどは昔から目にいい成分が含まれていると言われており、他にもビタミンなども豊富なことから健康にもいい食材です。こうした食材を積極的に摂ることは、老眼の予防と生き生きとした体作りの両立につながります。

Copyright© 2018 老眼予防対策で若々しい瞳をキープ!【インターネットで情報収集】 All Rights Reserved.